JALの株主優待券でどんな特典が得られるのか、貴方はご存知ですか?運賃が割引になるのはもちろんのこと、ファーストクラスの利用やJALのパックツアー料金が割引になります!

ダイエー株主優待はどうなったのか

ダイエー株主優待は主婦層を中心に非常に人気のあった株主優待です。
例えば、50株の保有で株主優待カードを所有することが出来ます。
これをダイエーグループの店舗で提示すれば、お買上額累計20万円まで5%の割引が受けられました。
優待権利月は2月と8月の2回あったので、年間では累計40万円まで、つまり最大2万円分の割引を受けることが出来たのです。
それも50株、当時の株価で1万円から2万円でこれだけの割引が受けられるのはそうそうありませんでした。
さらに、100株の場合は40万円まで、150株の場合は60万円まで、200株の場合は80万円まで、250株以上は100万円まで、これを年間で利用すればその倍優待を受けることができました。
利用はいつでも可能で、酒類、たばこ、医薬品、商品券などの一部の商品を除いて何でも購入することが出来ました。
また、ダイエーはイオングループに入っていたので、20日と30日のイオン感謝デーの際には、ダイエー株主優待の5%とイオン感謝デーの5%、合計10%もの割引を受けることが出来たのです。
しかし、2014年にイオンがダイエーを完全子会社することにより12月末日をもって上場廃止となりました。
上場廃止ですから当然株主優待も終了となりました。
ただし、2014年8月に権利を得た株主優待カードに関しては、特別に2015年5月末日まで使用できることとなりました。
なお、今後のダイエー株主優待ですが、ダイエー単独の優待カードは当然ありません。
ただし、2015年4月中に親会社のイオンの優待カードを利用できるようにしているところです。
イオンの優待カードは最低の単元株である100株を所有していれば、カードの提示で後日3%分のキャッシュバックを得ることが出来るものです。